2007年12月31日

clever, wise, bight, smart の 違い

clever, wise, bight, smart は 「かしこい」という意味です

clever と wise の違いは 知っている人 多いでしょう

「受験英語の盲点」としては

さらに、一歩踏み込んで bright, smart も おさえておきます


clever は 頭の回転がはやい という意味の かしこさ です

        ここから ずるい というニュアンスがでてきます

        反対語は stupid

wise  は 賢明である という意味の かしこさ です

        反対語は foolish

bight  は 勉強ができる という意味の かしこさ です

        反対語は dull  鈍才 は dull person

                    秀才 は bright student

                    天才 は genius

smart  は clever と ほぼ 同じ意味ですが より口語的です 

 
語彙力パワーアップ 

          Mozart の 意味は?











               答え) モーツアルト

               Bach は バッハ



ps)食卓の基本


     1) 食べる前に ハシを 味噌汁につける


       お茶につける奴もいます


    
     2) カレーライスの時は スプーンを


       コップの水につける


     3) ごはんに 卵を かけるときは


       穴ぼこ を つくる   がく〜(落胆した顔)




posted by もっつあん at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 形容詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。